アジアの織物 PANDAN TREE blog

アジアのことから身近なことまで、きままブログ
-

物の名前の表記の悩み

天候不順が続く今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
台風、ゲリラ雷雨、洪水、竜巻、猛暑など、大荒れな様子が続くこの頃の日本ですが、どうぞ皆さん十分にお気を付け下さいませ。

さて先日、バリ島緯絣ウンドゥッ(エンデック)をUPさせて頂きました。

このウンドゥッ(エンデック)は、元来、腰巻(サロン)などとして使用されますが、

バリの寺院参拝風景

現在では服飾のみならず、様々なインテリア雑貨などにも生地素材として使用される事が多くなりました。

今回仕入れさせて頂いたのは、アグン山の麓のシドメン村でつくられたウンドゥッ(エンデック)。

このシドメン産のウンドゥッ(エンデック)は、風合いが良い事でも知られた織物で、その中でも日本の方にお使い頂きやすい(合わせやすい)色合いの物を中心に選んできてみました。
どうぞ、お楽しみ下さいませ。

ウンドゥッ(エンデック)商品コーナーへ≫

バリ島サロン布

さて、このウンドゥッ(エンデック)。
個人的には、なかなか悩ましい部分のある織物であったりします。
と言っても織物自体の事ではなく“名前”についての悩ましさ・・・といった感じです(^^;。

当店でもオープン当初からこのウンドゥッ(エンデック)を扱ってきましたが、当時は日本で広まっている“エンデック”の表記で紹介させて頂いておりました。

・・・が、実際、現地ではエンデックと発音されている訳ではなく、ここが悩みの元であったりします。

ウンドゥッ(エンデック)に限らず、他の名称においても、
「日本で広まっている表記で紹介しようか・・・、正しく表記しようか・・・(-_-)。」
と、そのハザマのジレンマに悶々と悩んだりする時が多々あります。

よく、英語などでも和製独特の発音が広まっていて、それが正しいと信じ込んだまま現地に行って使ってみたら、
「あら、通じない(@_@)!」
という事がありますが、そういった感じでしょうか。

ウンドゥッ(エンデック)はローマ字でEndek/EndegとE始まりで表記されますが、読みではウンドゥッ(ウンダッ)となります。

加えて、益々困った事に、織り手の方に正しい発音を教えてもらおうと、このバリ島産の緯絣を手に持つお母さんの口元に耳を近付け、至近距離で発音を聞いても、私の耳には、
ダッ」
と聞こえたりする訳です(´・ω・`)。
何度耳をそば立てても、
ダッ!」
と聞こえるんです、私には(;_;)。

でも、思い切って「ダッ」と表記する度胸は、私には・・・ありません(-_-)。

こうした表記の悩みというのは、当店で取扱いの商品の場合は結構あったりします。

上記の様に、オープン当初は日本でより広まっている表記で織物を紹介させて頂いておりましたが、やはり時代はグローバリゼーション(なんかちょっと違う(^^;?)。
徐々に、現地での呼称に近付けていきたいと考えております。

もし、織物の名前で不明な点などがありました際には、存じている範囲で答えさせて頂きますので、どうぞお問い合わせ下さいませm(__)m。

スポンサーサイト
-

バリ島シルバーアクセサリーUP致しました

猛暑が続く今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
ここ神奈川では空梅雨気味?な様子の日々ですが、もしかして・・・知らない間に梅雨明けしてしまったのでしょうか??

という訳で、前回の当ブログで、
「梅雨明けまでにはUPを・・・」
と、準備を続けていたバリ島シルバーアクセサリーですが、何とか梅雨明け前にUPさせて頂きました。

バリ島シルバーバングル

バリ島シルバーリング

【バリ島シルバーアクセサリー・コーナーへ ≫】

今回のチュルク訪問では、前回のブログにも書かせて頂いたように、久し振りに根気と本気を出して、数多くの工房さんの中から幾店かを廻ってアクセサリー探しをしてきた訳ですが、お邪魔した工房さんの中には、半日程長居させて頂いて色々とお話しを伺ったり、制作風景を拝見させて頂いた所などもございました。

色々と工程を説明をしてくれる職人さん達の手元を眺めながら、
「本当に細かな作業を繰り返してバリ島シルバーは生み出されているんだなぁ~・・・。」
と、改めて感嘆した次第。

チュルクの工房1

バリ島シルバーチュルクの工房1

作業が細かくて、カメラのピント合わせが上手くいきません( ;∀;)。
シルバーパーツではなく、職人さんの指紋の方にピントがいっちゃいました!
いや~、撮影の腕を磨かないと(^^;。

バリ島シルバーチュルクの工房2

そんな訳で、久々登場のバリ島シルバーアクセサリー。
バリ伝統のデザイン、優雅なデザイン、緻密なデザイン、飽きのこないシンプルなデザイン・・・と、今回は様々にラインナップしてみましたので、どうぞごゆっくりとお楽しみ下さい。

バリ島シルバーピアス

-

シルバーアクセサリーとチュルク

蒸し暑い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
こうも暑さと湿気のダブル攻撃が続くと、なかなか体の疲れが取れにくいですね(^^;。
どうぞ、体調にはくれぐれもご注意下さいませ。

さてそんな中、久し振りに仕入れて来たバリ島シルバーアクセサリーのUP準備を進めております。

南国生まれのバリ島シルバーは夏の装いと相性がピッタリ!・・・という事で、梅雨明けの頃までにはUP出来れば・・・とスピードアップで作業中です。
今回はなかなかのボリュームで仕入れてきましたので、どうぞお楽しみに。

バリ島シルバーピアス
バリ島シルバーアクセサリー

さて、このバリ島シルバーアクセサリー。
オリジナルアクセサリー制作用のパーツとしては時折仕入れておりましたが、ここ数年はアクセサリー自体の仕入れは控えておりました。

実は、人生の中で初めてデザインが気に入って自分で購入した貴金属アクセサリーが、このバリ島シルバーアクセサリーだったりします。
その時(今は懐かしき10代最後の年(ToT))、初めての海外旅行先バリ島で購入したシルバーバングル&リングが、今もお気に入りの一つ。
そんなこんなで、バリ島シルバーはカレン族シルバーと共に個人的に大好きなアクセサリーなので、仕入れをしたい気持ちは山々だったのですが、仕入れを悩んでいた理由としてはあれもあり、これもあり、もちろん昨今の地銀の高騰も理由の一つ・・・といった感じ。
が、一番の理由はやはりデザインや品揃えの変化でしょうか。

と言うのも、近年は新興の商品であるガムランボールに力を入れるお店が増えてしまったり、バリ島シルバーのデザイン性の良さが削がれた品が増えたような・・・といった感じで、良い塩梅でバリ的なデザインのアクセサリーが大好きな人間としては、
「今一つエスニック感が物足りないなぁ・・・(´Д`)。」
・・・といったデザインのお店が増えた事が最大の理由。

また、エスニック感があっても、バリ・スタイルではなくジャワ・スタイルのデザインが主体のお店もあったりで、
「うぅ~~ん(-_-)・・・。」
と、悩ましかったり。

という訳で、今回は久し振りに根気と本気を出してチュルクで、粘っこ~~くアクセサリー探しをしてきました(・ω・)ノ。

チュルクと言えば金銀細工の盛んな伝統工芸の村。
買い物ツアーなどで訪れた事のある方も多いのではないでしょうか。
そして、あまりの工房の数の多さに途方に暮れた方も多いのではないでしょうか(^^;。

ええ、私も毎度途方に暮れます( ;∀;)。

なんでもチュルクの住民の8割程が、金銀細工のお仕事に従事しているのだとか・・・。
これだけ工房があったら、そりゃ途方にも暮れるというもんです(-_-)。

そんなチュルクですが、色々お話しを伺っていた所、
「大通りにお店を構えていた工房の中には、食べ物屋に商売替えをした所も増えてきたんだよ。」
との事で、チュルクの金銀細工の工房は減りつつあるのだそう。

そう言われてみれば、昔訪れていた頃は工房巡りで疲れて、
「何処かでお茶でもして休みたいな~、お昼ご飯食べたいな~。」
と思っても、なかなかこれといった食べ物屋さんに界隈で出会えず、ますます疲れが・・・という事が多かったのですが、今ではパラパラと大通り沿いに食べ物屋さんがあったりします。

また、ある工房で伺った話では、昔は15人程の職人さんを雇ってアクセサリーを作っていたそうですが、今では3人だけになってしまったそう。

チュルクの工房2

「皆、ジュエリー作りが大好きなんだけど、地銀の価格が上がったり色々で最近あまり景気が良くなくってね・・・。他の仕事に就いた皆を、頑張って戻してあげたいんだけどね・・・。」
とシンミリと話すオーナーさん。

バリ島観光で工芸品の村巡りといったツアーの場合、訪問地にチュルクが組み込まれる形で訪れる観光客も多いかもしれませんが、その際のガイドやドライバーへのマージンの噂も多く、もしかしたら、そうした面で敬遠されちゃったりとかしている部分もあるのかなぁ~・・・などと考えてみたり。

そんなこんなで、ネットの口コミなども相まって、路地裏にありつつも次から次へと車で乗り付ける観光客で賑わうお店もあったりするのですが、

チュルクの風景

では、そういったお店だったら品揃えが良いか・・・、良心的な価格か・・・と言うと、実際訪問してみるとそうとも限らない感じで、要は色々と集客と言いますか、商いが上手いのでしょうね(´・ω・`)。

中には、
「もうすぐ重要なお祭りがあるから(お金が必要なので)安くするわよ!」
と、なかなか直球なお店もあったりしましたが(^^;、良いデザインの物がなかったり・・・と。

そんなこんなで、なかなか難しい工房選びですが、今回は根気と本気を出してチュルクで、粘っこ~~くアクセサリー探しをしてきた甲斐あって、多様かつ素敵な伝統デザインを生み出し、価格も良心的な工房に出会うことができました。

ジュエリー作りに誇りを持ち、ジュエリー作りが大好きなチュルクの職人さん達から集めてきた品々を、どうぞお楽しみに!

チュルクの工房1

-

復活を遂げた手織り布

空梅雨が続く今日この頃ですが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

さて今回は、先日PANDAN TREEに新登場させて頂いた手織り布ランラン(Rangrang)についてのお話しを。

ヌサペニダ島ランラン1

実はこのランラン♪・・・と、可愛い響きもする名前を持つ手織り布、私的に思い入れのある織物であったりします。

以前本ブログで、とある織物を探しにタバナンを訪れた際、ついでにタバナン焼きの工房を探し回って迷子になったお話しを こちらの記事 でさせて頂きましたが、この探していた織物こそが、今回PANDAN TREEでご紹介させて頂いた流水模様のランラン。

時は2006年ですので、もう10年以上も前になりますが、当時はランランと言う名も知らず、とある40年程前に出版された本で見かけたカンベン・ティルタナディ(聖なる水の布や聖なる水の流れ模様の布といった感じの意味合い)と紹介されていた織物に一目惚れをし、その後、産地タバナンと紹介された別の情報を手掛かりにタバナンを訪れた訳です・・・が、実は本拠地はバリ島西部ではなくバリ島東部沖合いのヌサペニダだったようです(^^;。

実は、このランランは廃れかけていた織物で、島のごく数人のお婆さんが織り方を知っているだけとなってしまっていたそうです。
そんな中、織りの持つ独特の魅力から島外の人の目に留まり、自治体などの支援が始まって十数年前から復興が始まったそうです。
という訳で、私がランランを探してタバナンを訪れて迷子になっていた10年程前頃は、残念ながらまだ復興の波が大きくはなっていなかったようですね(´・ω・`)。

その後、インドネシア人デザイナーのショーにも登場したりと徐々に注目を浴びるようになり、現在ではバリ島の織物屋さんでも目に触れる機会が多くなる程に復活しました。

ですので、こうして近年急に見かけるようになった経緯と鮮やかな色合いなども相まってか、最近つくられ始めた新しい創作織物と間違われる事もあるようですが、実は長い歴史を持った織物であったりします。

そう言えば、イカットなど様々な織物がつくられているバリ島ですが、一時期はマシンメイドのプリント・バティック製サロン(腰巻)を身に纏った女性達が増えて、島の名産である織物を使ったサロンを纏った人々を殆ど見かけなくなり寂しく思っていたものですが、最近はこの手織り布ランラン製のサロンを纏った女性達もチラホラと見かけるようになり、嬉しい限りです(^-^)。

さてこのランラン、主な産地は前出のようにバリ島の沖合いに浮かぶヌサペニダですが、バリ島東部のスラヤ(Seraya)の一つの工房でも手紡ぎ綿&天然染料による物がつくられておりますので、バリ島東部にお出での際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか(^-^)。

流水模様の中に見えるハツリ(空孔)が特徴的かつ魅力のランランですが、

ヌサペニダ島ランラン2

このランランという名もこのハツリ(空孔)からきているそうで、“穴の開いた”といった意味合いを持つそうです。
因みに、今回は長年の憧れであった尖鋭な流水模様の品を選んできましたが、他にも丸みを帯びた曲線模様、格子模様、X模様の物などもつくられておりますので、お好みの模様のランランをお選びになっても楽しいかと思います。

南国の島でつくられる織物らしく、風にそよぐ風情やハツリ(空孔)の隙間から覗く陽の光も素敵な、爽やかさを含んだランラン。

時代を経た古布やアンティーク織物なども素敵ですが、伝統を受け継いだ形で復活を遂げて現代に生きる織物に、味わいと織物づくりに携わる人々の熱意を感じます。
今後もこうした織物を、ずっと応援していきたいと改めてしみじみ思った次第です。

-

世界に羽ばたくSALONPAS

30度越えの夏日も増えてきた今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

そろそろ我が家の衣替えでも・・・と思いつつ、なかなか時間が取れずに、冬春物と夏物の洋服が混在したままですが(^^;、皆さんは夏を迎える準備は万端でしょうか?

さて、先日仕入れてきたインドネシアの品々ですが、少しづつ商品撮影なども行い始め、まずはスンバ島のロウ・パフドゥとサブ島のヒギ・フリをUPさせて頂きました。

織物の中ではヌサテンガラの品々が大好きな私。
やはりUPのスタートはヌサテンガラから・・・といった感じですね(#^^#)。
その他の品々も、徐々に紹介させて頂きますので、どうぞお楽しみに。

さて、海外へ行く際、皆さんは体調管理はどうなさっていますか?
私の場合は、元々身体が頑丈なようで、そう滅多に体調を崩すという事はないのですが、ちょっとそそっかしい所があって、青あざや擦り傷が知らぬ間に出来ていて、
「あれ?いつの間に?」
ということが多々あります(^^;。

で、今回も気が付けば手の指に青あざが出来ており、ジワジワと腫れてくる羽目になりました(+_+)。
‘そう言えば、昨日、小路を歩いている時に手を振り過ぎて壁に指をぶつけたな~’
・・・と、後で緩~く思い出した次第。
その位、そそっかしいんです。

病院に行くほどではないにしろ、何かボカシ・オイル以外に貼り薬はないかと薬局で探すことに。

店員さんに、湿布があるか聞こうと思ったのですが、さて、湿布ってなんて言うんだっけ??・・・と単語が思い浮かばず、とりあえずGoogleで英語検索して伝えてみたのですが・・・通じず。
では、と、インドネシア語アプリで湿布を検索してみるも・・・見付からず( ;∀;)。

「もしかして、インドネシアでは湿布って一般的じゃないのかな?」
なんて考えながら、ヤケクソ気味に、
「サロンパス!」
と言った所、
「あぁ、サロンパスね。そこにあるよ。」
と、超即答!
なるほど、サロンパスで通じるのね(^^;。

インドネシアのサロンパス

製造はインドネシア国内で、もちろん久光さんの商品。
という訳で、インドネシアでなかなかポピュラーなようです、サロンパス(・ω・)ノ。

そんな訳で、ボカシ・オイルを塗った上からインドネシア産サロンパスを貼っていたおかげか、数日で腫れも引き、重い荷物も支障なく持てるように回復しました。
ありがとう、久光さん!
ありがとう、SALONPAS!